Column コラム

コラム
2017/09/05

効率良く脂肪を燃焼しよう!

人間の体内には『リパーゼ』という、脂肪の燃焼に関わる酵素が存在します。

人間の体内には様々な種類の酵素が存在し、各酵素はそれぞれ最適に働ける温度が存在しています。そして、この脂肪燃焼リパーゼは1~2℃の体温の上昇(うっすら汗ばむ程度の体温)、アドレナリンの分泌、グリコーゲンの消費で活性化すると言われています。

estyでトレーニングをする時は、先ず40℃のアロマサウナでストレッチや骨盤体操を実施しましょう。すると、怪我の防止や、歪みの改善・サイズダウンのみでなく、リパーゼを活性化して燃焼効率も上がります。また、前述した事前疲労法を活用し、先に筋トレを実施する事で、アドレナリンの分泌、グリコーゲンの消費も行われ、リパーゼの活性化に繋がります。

shutterstock_627452996